PR

ドラマ『西園寺さんは家事をしない』の原作はどこで読める?あらすじと見どころ

このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

ドラマ『西園寺さんは家事をしない』は、ひうらさとるさんの同名マンガを原作としています。

この作品は、「BE・LOVE」(講談社)で連載されており、現在全4巻が発売されています。2024年には松本若菜さんと松村北斗さん主演で実写化され、大きな話題を呼んでいます。

今回は、そんなドラマ『西園寺さんは家事をしない』のあらすじと見どころ、どこで原作は読めるのかをご紹介します。

あらすじ

画像元:Amazon.co.jp: 西園寺さんは家事をしない(1) (BE・LOVEコミックス) eBook : ひうらさとる: Kindleストア

主人公の西園寺一妃(松本若菜)は、アプリ制作会社「レスQ」に勤める38歳の独身女性。

彼女は自ら手がけたアプリが500万ダウンロードを達成し、仕事は順調そのもの。一方で、一軒家を購入し、愛犬と暮らし始め、念願の“家事ゼロ”生活を満喫しています。

しかし、そんな彼女の平穏な日常は、アメリカ帰りのエンジニア・楠見俊直(松村北斗)が転職してきたことで一変します。

楠見は無愛想で無表情、協調性もなく理詰めでアプリにダメ出しをするため、西園寺のストレスは爆発寸前。

しかし、社長の天野竜二(藤井隆)から楠見と親睦を深めるよう指示された西園寺は、しぶしぶ楠見と食事に行くことに。そこで楠見の意外な一面を知り、印象が大きく変わります。

さらに、楠見が4歳の娘・ルカ(倉田瑛茉)を育てるシングルファーザーであるという秘密を知り…。

見どころ

このドラマの見どころは、家事をしない主人公・西園寺と、年下のシングルファーザー・楠見の不器用な関係性です。

西園寺が自由な独り暮らしを楽しんでいる中で、楠見親子との奇妙な同居生活が始まります。家事力ゼロの西園寺が、家事育児の大変さに直面し、徐々に変わっていく姿が感動的です。

特に、楠見が亡き妻・瑠衣(松井さん)を思い出すシーンや、彼の頑なな態度が西園寺によって徐々に解かれていく様子は必見です。

家事をテーマにしたハートフルなラブコメディとして、多くの人々に共感を掴んでいますのでぜひ原作もチェックしてみてください。

まとめ

ドラマ『西園寺さんは家事をしない』は、ひうらさとるさんのマンガが原作となっています。

原作マンガは、「BE・LOVE」で連載されており、全4巻が発売中です。書店やオンライン書店、電子書籍ストアで購入可能で、漫画アプリのクーポンを利用すればさらにお得に読むことができます。

家事をテーマにしたハートフルなラブコメディとして、多くのファンを魅了しています。ぜひ、原作マンガを読んで、ドラマの魅力を存分に楽しんでください。